インプラント相談

インプラント研修報告

当サイトに相談医として参加している医院の先生方は、様々な海外研修や国内研修に参加しています。
研修等によって常に新しいインプラントの情報や技術を得る事で、治療の現場のみならず、このサイトでもご相談に対して新しい技術や情報をもとにした、アドバイスやご提案をすることに活かす事が出来ます。
今回は、今年(2008年)の研修内容やEAOについて写真を交えながら書いていきたいと思います。

1.ブローネマルククリニック

この写真は、スウェーデンのブローマルククリニックで、インプラント手術時の最新の器具の扱い方やテクニックについて説明していただきました。
この症例は、Dr.Fribergの症例の中で厳しい症例の一つで、この患者様は写真を見ていただいてもわかるのですが、下の顎の骨がかなり欠損しています。今の状態では噛めたりできないとのことで、紹介されたそうです。インプラントを応用して患者様の咀嚼能力や審美性を改善したそうです。この症例から様々な応用テクニックを学びました

2.イエテボリ大学

こちらの写真も診療室の風景写真の一つです。
天井のライトが日本のライトとかなり違っており、口腔内だけでなく、広くライトが照らされ、術者にかなり見やすく配慮されているものだと感じました。

イエテボリ大学のブローネマルククリニックのオペ室のある一室です。整頓され、清潔な印象がありました。