インプラント相談

インプラントについて:概要

インプラントとは

以前は、歯が抜けると義歯を入れたり、ブリッジをしたりしていましたが、違和感が大きかったり、かめない、痛いといった症状が出ることも多く、処置を受けたあとの苦痛が大きいことがよくありました。
しかし近年、インプラント(人工の歯根)が主流となり、多くの方がこの恩恵にあずかり、しっかりとものをかむことができ、快適な生活を継続することができるようになっています。

自然な見た目と自然なかみ心地

インプラントを行うと、歯を失った部分が1本でも、3本でも、すべてであろうと、その部分だけを補い、他の歯を削る必要はありません。歯も大きくなく(もとの歯と同じ大きさ)、しっかりと快適に、見た目の問題もなく自然にかむことができます。

前後の健康な歯も削る必要はありません。しっかりとかめます。
義歯(入れ歯)のような大きい装置を入れることなく自分の歯に負担をかける必要はありません。しっかりとかめます。
保険治療では総入れ歯になるようなときにも、インプラントで治療が可能です。もちろん取り外しの必要もありません。しっかりとかめます。

従来の方法

ブリッジでは隣接する健康な歯も削り、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
義歯では健康な歯にバネをかけ、大きな力がかかってしまいます。また、大きな器具が違和感や痛みを招きやすくします。

義歯(入れ歯)の場合、支えるために他の歯にバネをかけ、自分の歯をいためる危険性があります。また装置も大きく、違和感や痛みが出やすい短所があります。
ブリッジの場合、前後の健康な歯を大きく削る必要ががあります。また、清掃も困難であたらな虫歯を招きやすく、前後の歯にもより大きな力がかかります。