インプラント相談

いのうえまさとし歯科医院(京都市左京区):プロフィール・治療方針

いのうえまさとし歯科医院(京都市左京区):プロフィール・治療方針

医院プロフィール・治療方針

診療時間・アクセスマップ

院長プロフィール

院長:井上 祐利

京都大学 医学博士
京都大学再生医科学研究所 元講師
平成4年 大阪大学歯学部 卒
平成12年 京都大学大学院医学研究科外科系専攻卒
平成14年 いのうえまさとし歯科医院 開設、勤務
インプラント症例 年間500以上

1965年京都生まれ
洛星中高等学校を経て早稲田大学理工学部、大阪大学歯学部を卒業。
京都大学口腔外科学教室にて研修後、関連病院で研鑽。
京都大学大学院医学研究科外科系専攻(再生医科学研究所臓器再建応用分野) にて医学博士取得。

京都大学にて、再生治療分野における特許を取得
現在も同研究所で歯牙の再生とインプラントについて指導、研究中。
2001年11月に開院。

カルシテック インプラント インストラクター
(インプラント治療を歯科医師に指導)
ノーベルバイオケアースウェーデン本社公認ノーベルガイド
インプラントインストラクター
アメリカZimmer Dental公認Screw -Vent インプラントインストラクター
アメリカZimmer Dental公認カルシテック インプラントインストラクター
OAM公認 インプラントテクニカルインストラクター
AIAIインプラント学会認定医
国際審美歯科学会 認定医

■所属学会

国際人工臓器学会(ISAO)
アメリカ人工臓器学会(ASAIO)
ヨーロッパ人工臓器学会(ESAO)
日本人工臓器学会
日本生体材料学会
日本口腔外科学会
日本口腔科学会
スポーツ歯科学会
日本歯科医師会
京都府歯科医師会
GOIA国際インプラント学会

■国際学会での講演及び、論文発表

(1)1998年(ドイツ、アーヘン)
(2)1999年ISAO(イギリス、エジンバラ)
(3)2000年ESAO(スイス、ローザンヌ)
他、日本にても多数。

※(2)ISAO(Regeneration of the periodendium on a celluller matrix using detergent method at biodental allo-implant)

治療方針

治療の第一歩はお口の中の環境完全から

毎回治療してもすぐ虫歯ができてしまうのはなぜでしょう。それは治療前とお口の中の環境が変わっていないからです。このため当院では治療前に歯磨き指導、歯石除去を行っております。
特にインプラント、再生治療ではお口の中の環境を十分に整えてから治療を開始いたします。

治療には十分な説明を行います

治療方針は、十分に説明してから患者様と決めていきますが、保険治療では限界があります。本当の健康を取り戻し、それを継続するために、必要なときは自費の治療をお勧めしています。

身体にやさしい治療を心がけます

基本的に痛みを伴う治療には麻酔をして無痛で治療できるようにします。また当院では、放射線被曝量を従来の10分の1から5分の1に押さえることの出来るデジタルレントゲンを使用しています。

医院プロフィール