インプラント相談

IPインプラント(Immediate Provisional Implant System)

歯科インプラント手術後の治癒期間中に暫定補綴物(一時的な仮歯)を支持する一時的なインプラントのことです。即時装着する暫定的な仮の歯は、歯科インプラント治癒期間中、ご自身の歯として使用することができます。

症例1

Immediate Provisional Implant-IPインプラント-は 直径 2.8mm で, 皮質骨に埋入する1ピース構造のインプラントです。即時および短期間の負荷を目的に設計され暫定補綴物として使用します
右の写真は、術前の写真です。
この患者様の主訴は、下顎前歯部の動揺で、インプラント希望でした。
インプラントが骨と結合するまでの期間も、仕事の都合上、義歯は不都合とのことでしたので、手術当日歯を入れました。
右の写真は、下顎前歯部の2本のインプラントに負荷をかけないために、骨のあるところにIPインプラントを用い、患者様に仮の歯を入れて帰っていただきました。
2ヵ月後2本のIPインプラントを抜き、最初入れていたインプラントで通常通り仮歯を入れさせていただきました。