インプラント相談

ノーベルガイド使用上下全顎治療症例

術前

上下顎ともにかみ合わせが不安定な状態で食事にも不自由を感じるとのことで来院された患者様です。数本の歯牙、旧式のインプラントが残った状態ですが将来的に使っていける状態ではなく、ご本人の希望もあり、抜歯、インプラント除去をして全顎の即時インプラント治療を計画しました。

術前準備

術前にCT撮影、ノーベルガイド・プロセラソフトで埋入シュミレーションを行いサージカルテンプレート、仮のインプラントブリッジを用意しておきます。

術直後

インプラント埋入手術後、すぐに仮のインプラントブリッジを装着して帰宅。制限付きながらある程度の食事が可能になります。また、パノラマX線像でも計画通りの埋入ができたことが確認できます。

最終上部構造装着

手術から6ヶ月後、ご本人の希望により、セラミックスブリッジを装着。審美的にも、食生活にも大変満足していただきました。